プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2016年02月07日

アサートン高原での1日☆

先日作った2つのリスト『ケアンズでやる事リスト』『日本に帰ったらやる事リスト』でしたitem25
その『ケアンズでやる事リスト』で筆頭に挙がったのが、「大好きな聖堂の樹に挨拶をしに行く」という項目でしたnature03

初めて見た時からその力強さと温かさに圧倒された聖堂の樹feel14
足を運ぶのは本当に久しぶりで、駐車場から樹までの小道をゆっくりと歩き、気持ちを落ち着けていきましたfeel17

いつもの場所にひっそりと佇む聖堂の樹feel09

この樹はいつも大らかに迎えてくれますicon12

いつもの場所で根っこに抱き着きご挨拶business05
ここに来るといつでも抱かれているような気持ちになったものですpeople06

樹の優しさに感動し、別れの寂しさで泣いていると、D男も抱きしめてくれましたfeel10ヨシヨシ
ここは2人の思い出の場所でもあるもんね(^∀^)アリガトウ

D男と一緒に聖堂の樹に会えた嬉しさで幸せいっぱいになりましたicon12

夜はアサートン高原日本人会のボランティア活動で出会ったTさんの家へbusiness08feel17
アサートン高原からケアンズに引っ越す際に快くお手伝いをしていただいたTさんに御礼を言いたかったのですbusiness05

高原でオーガニックの農業を営むTさんの真心のこもった力作ディナーに大感動.。゚+.(・∀・)゚+.゚ステキデス!

Hさんに差し入れしていただいたSilo Sushiのお寿司も食卓に花を添えますfood30

チキンのチラシ寿司に蒸し豚、茄子の揚げ浸しにお味噌汁等など、どれも私の大好物ばかりfeel01
特に特大蒸し豚は素晴らしいできで、4種類のソースにつけながらいただいたのですが、本当に素晴らしかったicon12
D男の大喜びで良く食べていましたが、私もいつも以上に食べてしまいましたicon28

食後はいっぱいのお腹をこなすべく、Tさんの畑へお散歩feel17
久しぶりにアサートン高原の力強く美しい夕日を見る事ができました.。゚+.(・∀・)゚+.゚キレイ!!

こういう夕日が毎日見放題だったファーム生活も、やっぱり素敵な毎日だったなfeel09

半エーカーもある大きな畑を1人で草刈りから始めて創り上げたTさんfeel14

Tさんの愛のこもった畑には様々なお野菜がなっており、これがD男がやりたい事なんだよな~としみじみ見つめました(・∀・)イツノヒカ

アサートン高原に引っ越した事で、また新たな素晴らしい繋がりができ、こうやって見送っていただけましたbusiness05

引っ越すまでは、アサートン高原にあんなにも日本人の方々住んでいるなんて知らなかったですからねfeel12
また帰ってきます!とお約束をしてお別れfeel10

お忙しい中私達を迎えてくださってTさん、Iさん、そして子ども達、お見送りに来てくださったG、Hさん、Yくん、本当にありがとうございましたfeel20
皆さん、D男の事をよろしくお願い致します_<(_ _)>_ オネガイシマス!


にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村

*******************************
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************


同じカテゴリー(ケアンズのお話)の記事画像
ケアンズとつながる参加型コミュニティ【CAIRNISM(ケアニズム)】☆
いってきます!
大好きなNo.7と思い出の滝☆
帰国準備順調です!
皆さんの温かい応援☆
新しい友達と至福の時♪
同じカテゴリー(ケアンズのお話)の記事
 ケアンズとつながる参加型コミュニティ【CAIRNISM(ケアニズム)】☆ (2016-06-24 01:28)
 いってきます! (2016-02-09 06:10)
 大好きなNo.7と思い出の滝☆ (2016-02-08 00:24)
 帰国準備順調です! (2016-02-06 22:21)
 皆さんの温かい応援☆ (2016-02-05 09:10)
 新しい友達と至福の時♪ (2016-02-04 07:34)

この記事へのコメント
アサートン高原にこんなに日本人が居るとは、私もしりませんでした。
Mちゃんも知ったらきっと驚くと思います。

聖堂の樹にご挨拶できて良かったですね。
そういうの大切だと思います。
Posted by オージー2世 at 2016年02月07日 10:49
>オージー2世さん
アサートン高原のそれぞれの町に日本人が住んでいるっていう感じですからねw
内陸のファームにお住いの方もいらっしゃるそうですが、その方には最後までお会いする事ができませんでした。。w

帰国するまでに絶対会いに行きたかったので実現して幸せでした♪
また帰ってきた時に会いに行きたいと思います☆
Posted by koumekoume at 2016年02月07日 21:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アサートン高原での1日☆
    コメント(2)