プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2015年12月13日

世界の人口の変動と日本の人口増加率

今朝のお話ですfeel09
話の流れで世界の人口の話になり、その時にD男が私に『世界で1日に何人の人が生まれているか知ってる?』と聞いてきましたnature19

全く見当がつかなかった私は「何人なの?」と聞いてみると『200,000人以上だよ!このサイトを見てごらんbusiness03』とグーグルで検索を始めましたfeel12

開いたページには、世界の人口がリアルタイムで変動する様が一目で分かる数字が羅列してありましたnature20

今の時点で既に240,000人以上の命がこの地球上に誕生したと現されていますpeople06

産まれた人数と合わせて、亡くなった人数も同時に紹介されていますが、それでも世界の人口がどんどん増えているのが分かりますicon14

『世界は既に人口過密状態なんだから、人は子どもを産むべきじゃないと思うfeel12と主張するD男の話を聞き、私は日本とオーストラリアの人口増加率が気になり調べてみましたfeel09

調べたTOPにWikiの国の人口増加率順リストというページがあり、早速読んでみると、オーストラリアは世界126位で1.07%、そして日本は世界210位で-0.07%と出ていましたbusiness03

日本は既にマイナスに転じていたのですicon15

紹介文に【人口増加率は、一年間に人口が1%ずつ増加する国は、70年後には人口が2倍以上になり、一年間に人口が1%ずつ減少する国は、69年後に人口が半分以下になる。】とある所を見ると、日本は70何年か後には人口が半分以下になっているのでしょうかpeople06

その後続けてリサーチを続け、総務省統計局が毎年10月1日に紹介している人口推計の結果に行きつきましたfeel09
【総人口は21万5千人の減少,日本人人口は減少幅が拡大】とあり、4年連続で減少しているのが表でハッキリと表れているのでしたfeel12

都道府県別の人口増加率も紹介されており、地元福岡はプラスに転じている7つの都道府県の一つでしたfeel09

世界レベルで考えると、人口増加は地球の破壊に繋がり、人類は遠くない未来に危機にさらされる事になりますnature19
でも母国・日本ではこのままでは日本国民の数がドンドン減るので、母親が安心して子どもを産み育てる環境を創る仕組み作りを国をあげて行なうか、経済を支える為に世界の働き手を受け入れるしかなくなってしまいますfeel14
しかし、人口が減るからと言ってただ単に出生率を増やしたり、外国人労働者を増やす事が豊かな日本の未来を創る為の本当の解決策になるのでしょうか?

世界の最適人口が気になり調べてみると、それぞれサイトによって意見が分かれていましたが、10-30億人と紹介されている情報が多く、既に74億人に迫っている所を見るとその過剰状態は歴然ですnature19

合わせて日本の最適人口を調べてみると、こちらも意見が様々で2,000-5,000万人という数字が多かったようですfeel12
そこにはただ人口を減らせば良いというものではなく、世界との関係や経済状況も加味した上での最適人口というものがあるので、設定は難しいという意見もありましたbusiness03
大事なのはバランスですが、日本だけで考えるのと、海外との関係を含めて考えるとでは、その答えは変わってくるので一概には言えないようですnature20

D男との話に端を発したリサーチでしたが、とても考えさせられる実状を知る事となった1日でしたfeel09

にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ
にほんブログ村

*******************************
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************


同じカテゴリー(オーストラリアのお話)の記事画像
小梅の冷凍食品シリーズ☆~小籠包編~
オーストラリアNEWS特選☆
真夏のシドニーをサンタが駆け抜ける☆
日本LOVEのオージーライダースペシャルツアー開始☆
あっという間にできちゃうパンケーキ♪
オーストラリアの裸イベント5選☆
同じカテゴリー(オーストラリアのお話)の記事
 小梅の冷凍食品シリーズ☆~小籠包編~ (2016-01-08 14:31)
 オーストラリアNEWS特選☆ (2015-12-21 09:03)
 真夏のシドニーをサンタが駆け抜ける☆ (2015-12-08 06:48)
 日本LOVEのオージーライダースペシャルツアー開始☆ (2015-10-16 07:13)
 あっという間にできちゃうパンケーキ♪ (2015-10-12 20:02)
 オーストラリアの裸イベント5選☆ (2015-10-02 05:37)

この記事へのコメント
なかなか奥の深いトピックスですね。
確かに人が多すぎれば危機的状況に陥りそうですし、少なければそれはそれで問題ですし、全体レベルで考えるのは難しいですね。
貧困層の多い地域性の問題もあるでしょうし、全世界がそれぞれの国の問題も含めて考えるとなると、とりまとめる機関もどうするのかなど、問題は山積みですが、こうやって発信していくことがまずは一歩なのだと思います。
Posted by オージー2世 at 2015年12月13日 19:13
>オージー2世さん
世界の人口が多いから、その世界に最適な人口を割り出してその人口にできるように政策を全世界的にしていこう!とか、その国だけで国民が豊かに暮らせるように頑張ろう!とかそういう事ではなく、国同士の交わりと主張が物事を複雑にしているのでしょうね。

カンボジアで学校を作った時もそうでしたが、貧困層の村や町では子どもは大事な働き手とされ、できるだけ多く産む方が良いとされていました。だからと言って豊かになるわけではないので、教育を受けていない貧困層の人間が増えるだけなのです。

私が考えても答えが出ない問題ばかりですが、その真実を受け止め、自分の行動に反映させていきたいなと思っています。
Posted by koumekoume at 2015年12月14日 08:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界の人口の変動と日本の人口増加率
    コメント(2)