プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2014年11月15日

「何のために」を考える☆

昨日はパウチの店番デーでしたが、昨日のブログでご紹介した会社のロゴを作ってくれたSHUJIさんがわざわざ「おめでとう!」を言いにお店に足を運んでくれましたicon12
更には私の友達が紹介をしてくれてお店に足を運んでくれたYukikoちゃんとなんだか3人で意気投合business05

こういう出会いって偶然ですが、必然ですよねfeel09
いろいろな事が合わさらないと、こうやって人って出会わないのですから(-∀-。)フシギナモノデス

お店にお越しいただいたお客様には、これも一つの大事な出会いだと思って接っするようにしていますbusiness05
パウチは素晴らしい作り手さん達が一生懸命作った物や、オーナーのKeikoさんこだわりの製品をお店で取り扱っているので、そのストーリーをできるだけお客様に伝えて、その時のお客様の状態に合う物や欲しい物を一緒に見つけられるように努力していますicon21
当たり前の事なのですが、自分が本当に良いと思える物はやはり自信を持ってオススメできるわけですfeel14
それが上手く伝わったり、良いものと出会えた時のお客様の笑顔は、何物にも代えがたい喜びとやりがいを感じさせてくれますねfeel01
という事で、楽しく店番をお手伝いさせていただいていますbuild04

そして昨夜は先日ブログでもご紹介した映画「何のために」を観に行ってきましたitem42

映画の前に、ケアンズへもセミナーに来られている比田井先生からの前説ムービーがありましたが、セミナーと同様時間が押して前説の時点で1時間半を越えているというところ辺り予想通りの展開です(-∀-。)サスガデス
それを予測してちゃんとお腹が空かないようにパンを食べて来てましたからねfeel11ナイスハンダン!
比田井先生のすごい所は、本当に良いお話や大好きな人達の事を一生懸命人に伝えたいという気持ちが相手に伝わる所だと思いますfeel09
セミナー等で聞いたり、本で読んだお話もありましたが、それでも引き込まれて一生懸命聞きましたitem05

映画では中村氏も登場しましたが、中村氏が主人公なのではなく、中村氏によって変わった人、そしてその人達によって変わっていった人も紹介されていましたitem42
動いている中村氏は初めてみたのですが、とても自然体で飾らない人だな~という印象を受けましたよfeel12

映画の中で印象に残ったのは、最初にご紹介されていた先生が、生徒達に自分を自己紹介する前に、「自分が誰にも負けないNo.1」を言った後に名前を紹介するという事を授業で行なっていましたitem73
その様子を見ながら「私は何のNo.1だろう?」と考えてみたのですが、結構すぐに答えは出てきて「どんな環境でも幸せに生きられるNo.1」だなという結論に至りましたfeel09
私の人生は変化に富んでおり山あり谷ありで、もちろん人間なので落ち込む事もあるのですが、やはり基本的には自分は幸せ者だな~と常に思っているからですfeel11

二番目に紹介された小児麻痺で体が不自由な女性が放った「笑って死にたい」という言葉も、とても真っ直ぐに胸に入ってきたのですfeel02
私も毎日寝る時に「あ~、今日も良い1日で、幸せだった♪」と思って眠りにつける(←ほとんど気絶)ように、毎日を悔いのないように生きているのですが、死ぬ時もそれと一緒で、それが毎日であればその次の日が来ないだけの事だと思う訳ですfeel12

3人目の女性が語ってくださった「おもてなしの心」は私も日本の大事な文化と心であると思うので、日本を出る前に山梨県で仲居さんに挑戦したのも、その心を少しでも学びたい、そして自分で着物を着られるようになりたいと思ったからでしたitem54
もちろん半年ぐらいで分かる事なんてほんの少しではあると思うのですが、その期間を全力で頑張る事で受け取る事はやっぱりあるのですfeel14

最後にご紹介された男性が自分のスタッフの方々に対して行なっている塾で心に残ったのは「人の為という漢字を合わせると偽りになる」という言葉でしたfeel09
私もこの事を常々学ばされた経験が2回あるのですが、そこで出た結論は人の事をする前にやはり自分が自立して健康&幸せでなければならないという事でしたfeel12
親が子に注ぐ無償の愛や、人が人の為にと思って全力で頑張る事が全て偽りになるとは思わないのですが、やはりそれが重荷になったり、違う方向に働いたり、思ってもみない受け取られ方をしたりする事もやっぱりあるのです。
そういう時はやっぱりお互いの余裕がなかったり、準備ができていなかったり、一方通行だったりとたくさんの要素が絡まって悪い方向へ働くのですが、自立して心身共に健康&幸せな人であるとそれが不思議とスムーズにいったりするのでしたfeel11

私が今回のビジネスを始めるのも、一生続けたいと思う仕事を自分の心底やりたい仕事にし、たくさんの人に出会って日々成長し、出会いやつながりが生み出す化学反応による刺激を受け続けたいと思うからですbusiness05
家族や友達、パートナーやブログをご覧の皆様に支えられてその道を突き進める事ができる事を感謝すると共に、自分が今できる事を一生懸命やってその気持ちを返せていけるようになりたいですicon21

様々な角度から自分の人生を思い返し、決意新たに自分の人生と向き合うきっかけとなった今回の映画はやはり素晴らしかったですicon12
さすがだなと思ったのは、映画を観終わって帰宅した後すぐに比田井先生に感想のメールをお送りしたのですが、比田井先生はすぐに返信をしてくれましたicon30
以前ブログでもクイックレスポンスについて感動したお話を書かせていただきましたが、比田井先生も本当に早かったfeel09
私も可能な限りそうなれるように日々努力したいと思いますfeel14
たくさんの事を受け取る事ができた充実した1日でしたfeel01

最後にJackさん、素晴らしいイベントを開いていただきありがとうございましたicon12

*******************************
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************


同じカテゴリー(ケアンズのお話)の記事画像
ケアンズとつながる参加型コミュニティ【CAIRNISM(ケアニズム)】☆
いってきます!
大好きなNo.7と思い出の滝☆
アサートン高原での1日☆
帰国準備順調です!
皆さんの温かい応援☆
同じカテゴリー(ケアンズのお話)の記事
 ケアンズとつながる参加型コミュニティ【CAIRNISM(ケアニズム)】☆ (2016-06-24 01:28)
 いってきます! (2016-02-09 06:10)
 大好きなNo.7と思い出の滝☆ (2016-02-08 00:24)
 アサートン高原での1日☆ (2016-02-07 09:55)
 帰国準備順調です! (2016-02-06 22:21)
 皆さんの温かい応援☆ (2016-02-05 09:10)

この記事へのコメント
「人の為という漢字を合わせると偽りになる」
今、私が考えていたことと同じだったので、コメントしてみました。
私の友達がまさにその状況にいて、それによって現在うつ状態となってしまいました。
彼女の性格上、がんばりすぎたのだと思います。がんばったのに、周りは認めてくれなかった。これに気付いた時にガクーンと落ち込むんですよね。つまり、人に認めてほしくて頑張っていたわけで。人のためでなく、まずは自分のために頑張ってみる。これなら周りがいくら認めてくれなくても、自分を認められればいいと思います。自分というしっかりとした土台があって、人の為にもがんばれると思います。
Posted by nibikogemnibikogem at 2014年11月15日 18:28
>nibikogemさん
共感していただいてありがとうございます!
人は受け入れられなかったり、認められなかったりすると、時には腹が立ったり落ち込んだりしますが、そういう時こそ見返りを求めている時なんじゃないでしょうか。「何のために」自分がそうしているのかと思った時に、自分を成長させる為だと思うとつらい事も苦しい事もすんなり受け入れたり、受け流せたりがバランス良くできるんだと思います。

私の母は私が人間関係で悩んでいた時に「心と身体を痛めてまで頑張る必要はない!」と言ってくれました。お友達もまずは自分の事を一番に考えて、少しでも早く元気になって欲しいですね。
Posted by koumekoume at 2014年11月17日 08:53
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「何のために」を考える☆
    コメント(2)