プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2014年09月28日

天の川がくっきり見えるキャンプ☆

トルガパブでのディナーを終えて向かった先は、D男が以前ファームで仕事をしていた時に寝泊まりしていたキャンプサイト(無料)event01
既にこの時真っ暗でキャンプサイトは静まり返っていましたが、私達はその中でなんとか10人用の大きいなテントを建てる事にfeel14
テントの持ち主であるJを筆頭になんとか試行錯誤するも建てられず、既に星空の写真撮影に没頭し始めてしまったD男にHELP(*ΦωΦ)ノテツダッテンカー!
なんと言っても高原の夜は寒いんですよnature24←コレホドデハナイ
さすがは野生児なので、建て方も知らないテントを建てられてしまうのがD男(・∀・。)サスガッス
私としては最初から手伝って欲しかったのですが、なんでもせっかく日本から来たんだからそういう経験を自分達で試行錯誤するのが大事だろうとの配慮だったようですfeel09

さて、テントが立ったのは良いのですが、とにかく寒いfeel20
こんな中をTシャツ&短パンで写真撮影に没頭しているD男が信じられないicon11
空には本当に綺麗な星空が広がり、ミルキーウェイ(天の川)もくっきりicon12

(D男撮影)

でもそれとこれとでは話は別icon23
持って来ていた服とストール、そしてバスタオルで体を包んで車に入り、後部座席に横になりながら星空を楽しみましたnature22
なんて贅沢なんだろうfeel01

テントからはヤイヤイと大騒ぎする楽しそうな声が聞こえてきたので、寒さで死ぬんじゃないかと思っていた不安は和らぎ私も寝る事にfeel18
さすがにJは寝袋に加えて枕まで持って来て準備万端だったのに「高原は寒いからちゃんと準備してきなさいねfeel12」という私の注意にも関わらずブランケットを1枚しか持ってきていなかった日本男児3人はそのブランケットに包まりひしめき合って寝たそうですfeel18

私と言えば後部座席は寝心地が悪く、更に寒かったので夜中に何度も起きてしまいましたが、テントの中は意外に温かかったようですねevent01
でもやっぱり地面が固かったらしく、ぐっすり安眠とはいかなかったようです(-∀-。)ダヨネ
今回のキャンプで夜に高原でキャンプしたらこうなるというのを切々と肌で感じたので、次回からはもっときちんと準備しようと思いますfeel09

Jが一番早起きし、その後私とTomoが起きて3人の起床を待ちながらチップスをほうばる朝icon01

夜中に起きた時にテントが風でばっさばさなっていたので隙間風なんかを気にしていましたが、風は意外に入ってこず、どちらかと言ったら屋根の骨組みがずれたりして大変だったようで、日本男児3人が寝ている中Jが直してくれたそうですfeel01

頼もしい15歳だな~(-∀-。)ニホンダンジガンバレ

みんな睡眠不足ですが、お天気はこんなに晴れやかicon01

さ~てみんなでテントをたたんで朝ご飯でも食べに行こうfeel01

トルガにあるテイクアウェイショップに寄るも、目ぼしいものがなかったのでアサートンへbusiness08feel17

でも日曜日の朝なのでカフェ等が開いておらず、結局SUBWAYに落ち着くことにicon11

まあ美味しかったですけどねfeel11

さ~てここからケアンズで一番高い位置にある町レーベンスホーを経由して、インノット温泉へ向かいますよicon21シュッパーツ!

*******************************
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************


同じカテゴリー(ケアンズのお話)の記事画像
ケアンズとつながる参加型コミュニティ【CAIRNISM(ケアニズム)】☆
いってきます!
大好きなNo.7と思い出の滝☆
アサートン高原での1日☆
帰国準備順調です!
皆さんの温かい応援☆
同じカテゴリー(ケアンズのお話)の記事
 ケアンズとつながる参加型コミュニティ【CAIRNISM(ケアニズム)】☆ (2016-06-24 01:28)
 いってきます! (2016-02-09 06:10)
 大好きなNo.7と思い出の滝☆ (2016-02-08 00:24)
 アサートン高原での1日☆ (2016-02-07 09:55)
 帰国準備順調です! (2016-02-06 22:21)
 皆さんの温かい応援☆ (2016-02-05 09:10)

この記事へのコメント
テントで寝るときにはシュラフは必須だと思うオージー2世です。
でもでも、このミルキーウェイを見ながらのんびり出来る夜ってなんて素敵なんでしょうね。
あぁ~~、Ausの星空のすばらしさを是非多くの人に紹介したいと常々思います。

サブウェイって手軽に食べれるファーストフードで野菜がとれる唯一のお店ですよね。
Posted by オージー2世 at 2014年09月29日 18:44
>オージー2世さん
いや~、普通に考えてあるべきなのでしょうが、やっぱり日本人はキャンプ慣れしていないんですねw
D男にも「言ってくれていたら準備していたのに!」とか言われましたw
寒かったですが、それでも外で見ていたいと思うぐらい綺麗でしたからね♪

この日2回目でしたが、確かに手軽でヘルシーな感じはしますねw
一つがかなり大きいので2人でシェアして丁度良いぐらいでした☆
Posted by koumekoume at 2014年09月30日 08:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
天の川がくっきり見えるキャンプ☆
    コメント(2)