プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2014年03月31日

S一家ケアンズ滞在記6日目☆ミコマスケイ♪

5日目のトロピカルズーとボタニックガーデン編は「こちら」からfeel01

出発前夜から豪雨が降り始めたケアンズicon03
今日はミコマスケイだけど、大丈夫かなicon11
外海だからなんとかなるか(-∀-。)←キボウモコメテイル

ケアンズのお天気はその日豪雨→曇り→豪雨→曇りを繰り返しており、1日大丈夫かな~と2人の事を考えながら仕事に向かいましたが、ツアーを終えた2人が職場に来てくれましたicon23タダイマー!
良い色に焼けたTの姿とは裏腹に、見るからにヘロヘロな2人は「サッパリしたうどんが食べられるお店ある?」と聞いてきましたicon28
もうこれでお分かりですね?w

元気にミコマスケイを楽しんだ私のブログは「こちら」からfeel09

リーフターミナルを出港した船は順調にミコマスケイへと進みますbusiness17feel17
その間約2時間item57
船酔いの波に巻き込まれた2人は代わる代わるトイレに駆け込みミコマスケイに着く頃には既にヘロヘロだった模様ですfeel19チーン

ミコマスケイは船を島に付ける事ができないので、船から島までは小さなボートが行ったり来たりして人を運んでくれますfeel12
揺れからなんとか逃れたい2人は島へ上陸してビーチへ体操座りの1日だったとか(o-´ω`-)ナントフビンナ。。

就いてからすぐに船で行なわれるお魚の餌付けもanimal01
グレートバリアリーフの珊瑚や色とりどりのお魚が見られる半潜水艦もbusiness16
美しい海を楽しめるシュノーケリングもitem55
果ては美味しいシーフードを心置きなく堪能できるランチでさえも楽しめなかったというのです∑( ̄ロ ̄|||)ナントイウコトダー!
ランチは海老を1匹と果物を少しいただいたそうですmark60モットクウテンカ

でも心配していたお天気は曇りと晴れの良い具合のお天気だったらしく、日陰のない島に居ても全く気にならない気持ちよさだったそうですfeel11
おかげでNはちょっと元気になったのかな?w

Tはまだまだつらそうですね。。w

息子のNだけが元気だったそうですfeel14No problem!

オプションのどれもを楽しめなかった2人ですが、白い砂浜に座って美しい海を家族で眺めるという贅沢な時間を過ごす事ができたと話していましたfeel09(^∀^)イイジカンダッタヨー♪

確かにfeel09
人生の中でそんな贅沢な時間を家族で過ごす機会ってそうそうないですよねicon12
できなかった事を考えるのではなく、そう受け取る事のできる2人の心の豊かさに感心したのでした(・∀・)イイネ!

私も船酔いしやすいのですが、行きの2時間は魚の餌付けを見逃す程爆睡し、帰りは遊びつかれてお昼寝をした後生演奏とシャンパンで楽しく過ごしたので全く酔わなかったんですけどね~(-∀-。)ハハハン
ミコマスケイガイドのJACKさんのお話は面白くて、本当に素晴らしいガイドさんですからfeel11

シャンパンを配られた際も、シャンパンを取りに行くこともできない2人を気遣ってわざわざスタッフさんがシャンパンを持ってきてくれたそうなのですが、授乳期のNは飲めず(+船酔い)、Tは船酔いの上にお酒をたくさん飲めないので一口嗜んでずっと手に持っていたという切なさfood03
ここまでいけばネタですね、ネタΣd(´∀`)イイトオモウヨ、ウン!

まだ揺れてる感じがする上に食欲が湧かないのでうどんをと言われたので、ホテルへの帰りがけにあるKanpaiを教えて、その日はKanpaiでディナーを食べたS一家icon28


うどんと雑炊でケアンズ最後の夜の食事を終えたS一家なのでしたicon28
(-∀-。)ソンナキコクマエ。。w

P.S アサートン高原ドライブの時にミコマスケイ行きを決めてN達が行く前日にツアーに参加したMasashiとShoheiはオプションのスキューバダイビングまで追加してミコマスケイを心行くまで楽しんだそうですfeel01

========================================
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************

「豪人」には地震災害支援の為のページが設立され、オーストラリアドルによる募金可能なサイトの紹介や、情報を得られるサイトのリンク集をご紹介しています。

少しの行動で救われる方々がいらっしゃいます。
祈るだけでなく行動を!

【東北地方太平洋沖地震に関する支援サイト】


下記のソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、上記のバナーとリンクが表示されます。


<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>


皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます!

******************************


同じカテゴリー(ケアンズのお話)の記事画像
ケアンズとつながる参加型コミュニティ【CAIRNISM(ケアニズム)】☆
いってきます!
大好きなNo.7と思い出の滝☆
アサートン高原での1日☆
帰国準備順調です!
皆さんの温かい応援☆
同じカテゴリー(ケアンズのお話)の記事
 ケアンズとつながる参加型コミュニティ【CAIRNISM(ケアニズム)】☆ (2016-06-24 01:28)
 いってきます! (2016-02-09 06:10)
 大好きなNo.7と思い出の滝☆ (2016-02-08 00:24)
 アサートン高原での1日☆ (2016-02-07 09:55)
 帰国準備順調です! (2016-02-06 22:21)
 皆さんの温かい応援☆ (2016-02-05 09:10)

この記事へのコメント
分かりますね、その船酔いの後の楽しめないアイランドリゾートOP。
私も初めてのグリーン島の時にそうでしたから。

んで、友達ファミリーと一緒にグリーン島にいった時は、その家族はお酒も強く乗り物酔いなんて皆無の人だったので、酔い止めについては話て無かったのですが、まー、すんばらしく酔っちゃいまして、大変でした。
グラスボトムボートで自ら餌付け状態になるところでした(笑)

旅行中の方は、見えないところで無理なスケジュールをこなしているので酔いやすいようです。

滞在中に1回しか行かないであろうグレートバリアリーフなので、以前お客様には出来るだけ飲んだ方がよいと勧めてました。

特にミコマスケイやアウターは遠いですからね。

お天気がよかっただけでも救いでしたね。
Posted by オージー2世 at 2014年03月31日 19:53
>オージー2世さん
私も酔いやすいので酔い止めは飲んでおいた方が良いよとのアドバイスはしていたのですが、買う程でもないなと思ったようですねw

私はグリーン島からポンツーンに行くツアーに参加した時に酔いましたね。。
その時は半潜水艇に乗れず一緒に行ったAkkoに取材をお願いしたぐらいですw
グリーン島までは近いですしあまり揺れないですから酔う日とはまだ少ないと聞きますが、やっぱりお天気が悪いと船も揺れるんでしょうね。

船酔い後のグラスボートはなかなかの症状悪化を招きそうですね。。w

もともと良いやすい上に疲れもあったんでしょうね。
今後の案内はもっと気をつけたいと思います!
Posted by koumekoume at 2014年04月01日 10:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
S一家ケアンズ滞在記6日目☆ミコマスケイ♪
    コメント(2)