プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2013年11月11日

Sydney Last day☆

帰ってきました、CAIRNSicon12icon21icon12I'm home☆
帰ってくるまでにいろいろありましたので、それらの事をこれから書きたいと思います(-∀-。)ウフフ

シドニー最終日の土曜日は、朝からパッキング作業に追われましたfeel17
前日にある程度済ませたと思っていたのにも関わらず、結局昼過ぎまでパッキングに時間がかかりやっとこさ完了feel14
飛行機の預かり荷物を40キロで申し込んでいたのに42キロにicon11
なんとかなりますように(-∀-。)オネガイ
でもやっぱりこれでバスの移動は無理だな。。

そこへシェアメイトのDとJがやってきて「出発前にみんなで一杯飲みに行こうよ!」と誘ってくれましたfood42
シェアメイトの4人で一緒に出かけるのは始めてだったので、私は二つ返事で行く事に(^∀^)Sure♪

向かった先は歩いて行ける距離の【The Oaks Hotel】feel09
Jに一杯おごっていただき、外の席に座って今までの事や、映画の事について話して盛り上がりましたfeel01

シェアメイトのみんなはいつもとても優しくて、一緒に過ごせて幸せでしたfeel01
シドニーに来る時はまた一緒に飲みに行こうねfeel10See ya☆
そして帰ってすぐにタクシーを拾い、今度は豪人ブロガーのミポリオさんの家へ移動business08feel17
シドニー最終日はミポリオさんの家に荷物を置かせてもらって、そのままMiyakoさんと合流してディナー&クラブナイト☆の予定だったんですね~icon12people31icon12

荷物を無事に置いて合流した後向かった先は通りがかりに見つけたレバニーズレストラン【Zaida Cafe-Bar-Tapas】icon28

お店の奥の屋外スペースに席を陣取りディナー開始feel09
お料理は3品頼んでみんなでシェアしながら食べる事にしましたicon28
スタッフの女の子が小動物みたいで可愛かったな~feel01

まずはやっぱりサラダと「Falafel Salad($8.5)」をオーダーfood09

衣がサクサクのコロッケのようなモノがのせられており、なかなか食べ応えのある面白いサラダでした(・∀・)メズラシヤー

そしてミポリオさんオススメの「Grilled Eggplant & Caullflower($9)」feel12

揚げたカリフラワーは初めて食べましたが、シンプルなのにと~っても美味しかったicon12
これはパーティーとかで出しても喜ばれますね、きっとfeel01
ナスビも程よい調理加減でしたよfeel11

メインは「Mixed Grilled Platter($16.9)」icon28
お肉は3種類で、チキンとラム、そして珍しいラムミンチを使ったパテでしたanimal16mark53

チキンはまずまずでしたが、ラムのお肉が美味しかったですねfeel11
また添えられているディップソースも初めて食べた味で面白かったですし、サイドのサラダとポテトが美味で満足feel01

これだけ食べてみんな1杯ずつ飲んでなんと1人約$20に納まりましたmark02
美味しくて安く済むなんて素晴らしいicon12

お腹が一杯になったところで飲みなおそうとお次のBarへ移動feel17
こちらでも女子トークで盛り上がりエンジンがかかってきたところでクラブへ移動feel17

念願のゲイクラブicon12

さすがはシドニーのクラブ。
人が多いicon10
もうお腹がいっぱいだった私は飲み物は飲まずにダンスフロアで2人と一緒に踊るのを楽しみましたpeople31
クラブなんて久しぶりだな~feel09
楽しいfeel01

そして面白い人達が回りにいっぱいです.。゚+.(・∀・)゚+.゚ho-!
明らかにおっさんなのに踊りがなんだかチャーミングな男性。
間違いなくゲイだろうなと思われる女の子っぽい男性の本気系セクシーダンス。
壁際で本気でディープなチューを男同士で楽しむカップル。
男性とお立ち台でダンスをしていたかと思えば、その後訪れた女性が実は彼女と発覚した男性のような女性。

もういろいろな事が入り乱れていて何がなんだかわかりません(゜ロ゜)ドウナッテンノー!?
そしてなんでゲイの人はあんなにタンクトップを好むんでしょうか(-∀-。)ナゼダロウ?

自分も踊る事を楽しみながら、初めて垣間見る夜の世界に酔いしれつつ3軒のクラブをハシゴしましたfeel17
でも7時5分発のフライトが控えていたのでシドニーの最初で最後の夜遊びを1時半で切り上げ、そこからタクシーで空港に向かう事にbusiness08feel17
仕事で疲れている時に快く時間を作ってくれたミポリオさん、そしてシドニーに帰ってきたばかりの忙しい時に会ってくれたMiyakoさん、本当にありがとうございましたicon12
ミポリオさんがタクシーに乗る私を見送ってくれましたが、その時に「もっとたくさん遊べると思ったのに残念だよー。くやし~。」と言ってくれたのが本当に嬉しかったです(TДT)ウゥ、ワタシモデス。。

タクシーはスムーズに空港の国内線ターミナルに到着icon20
おや、ゲートが閉まってるfeel19チーン
肌寒いのにここで待てと。。。
いいや、寝てまとうfeel18
荷物に座ったり、取っ手に腕を通したりしてガードしつつあっという間に眠りに落ちていく私feel14

さむっ!っと思って起きると3時半で、前を通りかかった男性に「ゲート空いてるよー。」と教えていただいたので、今度は建物内のタイガーさんカウンター前の席で再び爆睡feel18
どこでもいつでも眠れるのって素晴らしい特技だな、ほんと(-∀-。)マチガイナイ

5時になってカウンターがOPENしたのでチェックインを済ませると、なんと42kgと思っていた荷物が、44kgである事が発覚∑( ̄ロ ̄|||)アレ!?
そこへカウンターのお姉さんが冷たく「1kgにつき$25の超過料金を払っていただきますmark02」と一言。
お、鬼feel19チーン

少しでもそのキロ数を減らそうと『手荷物に荷物を移動させます。。』と言うと「それでは手荷物の重さを測ります。」と言われて測るとこちらも9kgicon11
更に追い討ちをかけるように「移動させるのは構いませんが、またあの列に並んでいただきますよ?」と攻撃的なお姉さんpeople21
$25が浮くのなら頑張る価値はあると『それでもかまいません。』と伝えると、相当面倒くさかったのかため息をつきながら『このバックからすぐに移動させるのなら待ちます。』とお姉さん。
荷物が一番移動させやすいバックパックから手荷物に600g程移動させ、やっとこさOKをもらって更に$75支払いカウンターを後にしたのでしたfeel17
荷物、送った方がよかったかな。。

終わった事は終わった事!
あとは飛行機に乗ってケアンズに帰るだけだ♪と思い飛行機の乗り場であるゲートの前の椅子で再び爆睡feel18
ハッと起きて時計を見ると6時半item57
ゲートには既に長蛇の列ができており、ケアンズ行きの飛行機の人はいないのかとのアナウンスが流れていたので「もしや最後!?∑( ̄ロ ̄|||)」とビックリして列に並んでいる人に『どこに行くんですか?』と聞くと「マッカイよ。」と全く違う場所を言われ更に驚愕∑q|゚Д゚|pナンデスッテ!!?
スタッフさんに駆け寄り『ケアンズなんですけど!!』と言うと、お兄さんは一言も発さずに隣の列を指差しあっちへ行けと首で促してくれたのでした。
隣の列だった。。(o-´ω`-)アービックリシター

そのまま順調に飛行機に乗り込み、速攻寝の態勢に入ったものの隣はなんと中東系のご家族の席で、まだまだ小さい子どもがそれはもう全身全霊で延々と泣き続けておりましたヽ(TдT)ノ ビエーン!
それでも寝れちゃう私、強人feel14

飛び立つ飛行機の中から最後にシドニーの街並みを見られると思っていましたが、行きの時とは打って変わって厚い雲に覆われたシドニーの空からは何も見る事ができませんでしたicon02
雲に吸い込まれる飛行機と共に眠りに落ちていく私feel18
起きたらケアンズだicon12

========================================
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************

「豪人」には地震災害支援の為のページが設立され、オーストラリアドルによる募金可能なサイトの紹介や、情報を得られるサイトのリンク集をご紹介しています。

少しの行動で救われる方々がいらっしゃいます。
祈るだけでなく行動を!

【東北地方太平洋沖地震に関する支援サイト】


下記のソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、上記のバナーとリンクが表示されます。


<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>


皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます!

******************************


同じカテゴリー(シドニーのお話)の記事画像
真夏のシドニーをサンタが駆け抜ける☆
世界最古の鍾乳洞とスリーシスターズ☆
カウントダウンといっぱいの幸せ☆
marumaru PET SERVICES☆
シドニーで最高級神戸牛を喰らう☆
【☆MindBodySpirit FESTIVAL☆】
同じカテゴリー(シドニーのお話)の記事
 真夏のシドニーをサンタが駆け抜ける☆ (2015-12-08 06:48)
 世界最古の鍾乳洞とスリーシスターズ☆ (2013-11-19 10:12)
 カウントダウンといっぱいの幸せ☆ (2013-11-09 06:59)
 marumaru PET SERVICES☆ (2013-11-08 06:09)
 シドニーで最高級神戸牛を喰らう☆ (2013-11-05 06:14)
 【☆MindBodySpirit FESTIVAL☆】 (2013-11-04 16:01)

この記事へのコメント
おかえり~。
ケアンズ→日本→ケアンズ→シドニー→ケアンズ。舞台は変われど、豪人を常に拠点にしている小梅嬢は豪人ブロガーの鑑です。
Posted by kazukikazuki at 2013年11月11日 20:46
レバニーレストラン、未体験なので行ってみたーいです^_^

しかし、相変わらずパワフルな最終日のスケジュールでしたね。

最近はラゲッジの重さには厳しいですよねぇ〜。
でも、44kgは確かにOutですね(笑)
オーストラリアは従業員の保護が確立されていて、荷物が重たいと、担当者の腰に負担がかかり過ぎるので厳しいというのもあるそうです。

お国柄ですね。
Posted by オージー2世 at 2013年11月11日 22:55
>kazukiさん
ただいま帰りました!
今日ご挨拶に行きますからね~♪

そういうのならばケアンズ→東南アジア3カ国→福岡→河口湖→福岡→ケアンズ→シドニー→ケアンズですねwww

豪人は私のオーストラリア生活の礎にあるものですからね♪
豪人と出会わなければ私はブログを書き始めてはいません。
ブログを通して本当にたくさんの方々と出会えましたし、書く事がすきなのを再認識したり、自分の事を整理したりするのに本当に役立っています。
もちろんこれからも豪人でブログを書きますよ☆

>オージー2世さん
面白いチョイスの一つだと思います♪
ケアンズでは見たことないですけどねw

スーツケース26kg、コロコロバック10kg、バックパック8kgの3つで44kgでしたからねw
30kgを越えると「Heavy」のタグを付けられますからね~!
確かにあの重さの荷物を毎日あれだけの数運んでいたら身体を壊しちゃいますね。。
働き手の体の事を思いやる仕組みはとっても大事な事ですね!
Posted by koumekoume at 2013年11月12日 05:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Sydney Last day☆
    コメント(3)