プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2013年10月22日

みんなを笑顔に!世界を旅する画家との出会い☆

お花見をしていたサーキュラー・キーからフリーバスでその画家さんが居るシティのど真ん中、ジョージストリートへ移動business07feel17
場所は前回Yorikoちゃんと一緒にお茶をした時に訪れた【東Azuma】の店先でしたbuild04

その画家さんの名前はITOKINといって、髭がぼーぼーの上で伸び散らかした金髪にスポンサーであるという美しい色合いの笠を被り、地べたに座って絵を描いていました。
『写真を撮っていいですか?』と聞くと笑顔ですぐに応えてくれましたよfeel01

ITOKINは高校時代からの友達であるというAkkeyと一緒に世界中で出会った人達を笑顔にしていくという『MAKE simileプロジェクト』をビジョンに掲げた【1221】というチームを結成して、絵を描きながら世界を行脚しているのでしたnature19

それなのに英語は特に得意ではなく、絵に興味を持った人達から話しかけられても聞き取りも難しそうなぐらいicon11
そこですかさずフォローに入るのがマネージャーのAkkeyなのでしたfeel09

「Please teace me English」と書いちゃう程英語が苦手な子達で、その活動を書いてる英語の説明文もかなり間違っているとローカルの方に指摘されるようで、それも話すきっかけになるからいいのだと良い具合に肩の力の抜けたポジティブな子達なのでした(-∀-。)スキダヨ、ソウイウノ♪

そんなITOKINは1人で南アメリカも行脚したようで、よくそんな感じで世界が回れるね~!となんだか頼もしく思ったのでしたΣd(´∀`)イイネ!

ITOKINの絵はとっても独創的でカラフルitem58

絵の描けない私はそれだけでも尊敬してしまうのに、次々とITOKINの手先から紡がれていく色とパターンが興味深くてかなり長い時間その場に居させていただきましたfeel01

絵はマジックで描かれているのですが、下書きもせずにスルスルとペンを進めるITOKINに『頭の中ではもう出来上がりのイメージが出来上がってるの?それとも描きながら考えてるの??』と質問をしてみると「本当は右利きで字を書いたりするのも右なんだけど、左で描くとインスピレーションで次にどう描こうって思い浮かぶんだよね。右で描くより時間がかかるんだけどw」と答えてくれました(・∀・)ヘー

人間の右脳は五感を感じる動物的な脳で主に知覚や感性を司っており、左脳は思考や倫理を司る人間的な脳と言われていますが、やっぱりアーティストは右脳をフル活用しているんですねicon12
脳と身体は反対側がリンクしているというので、左手で描いた方がインスピレーションが沸くというITOKINの画法は理にかなっているわけなのでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚ナルホドネー!

絵が途切れた当たりで話しかける私に嫌な顔一つせず真面目に答えてくれるITOKIN。
私は海外に出てきて、更に世界中を旅している人はエネルギーが強くてギラギラした人が多いイメージなのですが、ITOKINはとっても柔らかくて穏やかです。
これから開催される展示会に備えて絵を貯める為に現在描いた絵は売っていないそうなのですが、それでも興味を持ってくれた人との繋がりをもっと持てるようにした方がいいんじゃないのと心配する親心のような気持ちでアドバイスする私の言葉を「これは良い話だから。」と掛けている音楽を絞って真剣に聞こうとしてくれるITOKINに私はかなり好感をもったのでした。

マネージャーのAkkeyもとても自然体のこで、長袖Tシャツから出ているタトゥーを見せてと言ったら快く見せてくれました(^∀^)ミセテ!
26歳の日本人の女の子がデザインしたというそのタトゥはこれまたとってもカラフルで、日本人らしからぬそのイマジネーションに感動したのでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚スゴイネー!

私もオーストラリアで永住権を取れたら記念に大好きなユリシスと蓮の花のタトゥを入れたいなと思っているんですよ、はい(-∀-。)マダマヨッテマスケド

時を過ごすと共に話もしやすくなって2人のいろいろな話を聞いていると、すぐに2人を大好きになったのでしたfeel01

シドニーに居る間に1回ぐらいは飲んでゆっくり語り合ってみたいですねfood42

2人と仲良くなる前に見かけて気に入って買った「MAKE smile」ステッカーfeel09

絵、言葉、写真、人と人との交流を通じて世界をフィールドに芸術活動を展開していき、人を笑顔にするという活動している【1221】を私小梅は応援しますfeel20icon21
今は絵は販売していないようですが、ポストカード($5)とステッカー($1&$5)は販売しているので、是非とも皆さん現地に足を運んで彼らを応援してあげてくださいね(・∀・)メサシイレモWelcome♪

========================================
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************

「豪人」には地震災害支援の為のページが設立され、オーストラリアドルによる募金可能なサイトの紹介や、情報を得られるサイトのリンク集をご紹介しています。

少しの行動で救われる方々がいらっしゃいます。
祈るだけでなく行動を!

【東北地方太平洋沖地震に関する支援サイト】


下記のソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、上記のバナーとリンクが表示されます。


<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>


皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます!

******************************


同じカテゴリー(シドニーのお話)の記事画像
真夏のシドニーをサンタが駆け抜ける☆
世界最古の鍾乳洞とスリーシスターズ☆
Sydney Last day☆
カウントダウンといっぱいの幸せ☆
marumaru PET SERVICES☆
シドニーで最高級神戸牛を喰らう☆
同じカテゴリー(シドニーのお話)の記事
 真夏のシドニーをサンタが駆け抜ける☆ (2015-12-08 06:48)
 世界最古の鍾乳洞とスリーシスターズ☆ (2013-11-19 10:12)
 Sydney Last day☆ (2013-11-11 14:02)
 カウントダウンといっぱいの幸せ☆ (2013-11-09 06:59)
 marumaru PET SERVICES☆ (2013-11-08 06:09)
 シドニーで最高級神戸牛を喰らう☆ (2013-11-05 06:14)

この記事へのコメント
絵がとっても苦手な私は、絵が描ける人はRespect以外の何者でもありません。
ポップな感じの素敵な絵ですね。
う~~ん、こんな絵が描ける方、うらやましい。

世界中を旅しながら、自分の思いを突き詰めてる方ってきらきらしてる感じがありますよね。

アフリカかぁ、未知の世界です。

小梅さん、タトゥはあまりおすすめできませんよ。
日本に戻ってきたときに、温泉とかは入れなくなるし、お子さんができたら、一緒に行けないところが増えるし、あの梅宮アンナも今1年以上かけてタトゥを消しにかかってるようですが、入れたときより何倍も痛いらしいです。

タトゥ自体を非難しているわけではないのですが、日本はタトゥ文化ではないので、なじみにくい場所がたくさんあると思われます。
Posted by オージー2世 at 2013年10月22日 07:12
>オージー2世さん
私もです!
彼の目から見える景色はどうなってるんだろう?と興味が沸いてきますよね♪
彼らなりにいろいろと考えて行動しているので、そこから見えてくるものもきっとたくさんあるのだと思います☆
アフリカですか?
アフリカも行ったんですかね??w

そうなんですか!?
一緒に行けない場所が増えるのは大変ですね。
温泉に入れないのはいやだな~と思うんですよ、はい。。
日本で生活するとなるとやっぱりタトゥは大変そうなので永住権が取れたらと思っているのですが、タトゥの事はもう少し慎重に考えてみます!
Posted by koumekoume at 2013年10月22日 14:08
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
みんなを笑顔に!世界を旅する画家との出会い☆
    コメント(2)