プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2013年08月10日

性病とコンドームのススメ

久しぶりにランチの約束しかない土曜日icon01Beautiful day♪

今日はゆっくり時間があるのでずっと以前から書きたかったちと込み入った話をしてみましょうfeel09

皆さん、コンドームは使いますか?
パートナーとする時、一夜限り、ライトリレーションシップの場合、状況はいろいろとあるでしょうが、私は基本的に必ずつけますicon21

それは私にはやりたい事がまだまだあって、今もし子どもが授かっても本当に後悔しないという自信がないからですfeel12
私は子どもに「あなたを産む事でできなかった事がある」と絶対に言いたくないのです。
もちろんそう子どもに言わないにしろ、思う事すらしたくありません。

でもそんな私もコンドームをつけずにした事があります。
本当に大好きな人ができて、相手が当たり前のように付けずにするのに任せそのまましてしまったわけです。
この人となら子どもを授かってもいいと思っていました。

その時お付き合いしていたのは46歳のお酒と女性が大好きなオーストラリア人の男性item12

彼は生粋の遊び人で、いかにもケアンズのオーストラリア人男性といった感じです。
結婚をした事がなく子どももいませんでした。
子どものまま大人になってしまったような男性で笑顔が可愛らしく魅力的で、何より楽しそうに仕事に打ち込む姿が大好きでした。

話が始まったのは彼を知っているという友達からの「彼は遊び人でバックパッカーとやりまくっているから一刻も早く性病検査を受けろ!」と忠告を受けた時からでした。
彼が遊び人なのは重々承知だったので、私の前にそういう事をしていたのではないかという噂を聞いても独断驚かなかったのですが、子どもの問題ではなく病気の問題までは頭が回りませんでした。
我が人生において一度も性病もなった事はなく、更にはAIDS(エイズ)の心配もした事はありません。

日本を出る前に献血を受けて自分の身は潔白であるという事を証明したばかりの事だったので、もし検査で陽性とでたら間違いなく彼であるとわかるのです。
【※コメント欄でアドバイスをいただきましたが、日本では献血でHIVに感染している事が発覚しても本人に知らせる事はないそうです!】

AIDS(エイズ)
恐い。
今は発症する前に治療を始めれば死ぬ病気ではなくなっていますが、それでもやっぱり恐い。

友人は普通の病院で検査ができると教えてくれましたが、私はネットで病院を調べる事にbusiness03
そこで見つけたのが政府が運営している【Cairns Sexual Health Service】でしたbuild03
ここでは性病AIDSの検査を無料で受けさせてくれるんですmark02
不安だった私はメールで先に問い合わせをしましたが、病院で話を聞きますとの回答だったので早速病院へ行きましたfeel17

待合室で書類に必要事項を記入し、診察室へbuild03
まず始めに待合室で記入した用紙を見ながら看護婦さんになぜ今日ここに来たか等の質問をいくつか受け、ドクターの診察へと移ります。
やりとりは全て英語になりますが、それができない場合は通訳もできると言われましたよ。

そこで私は自分の胸の不安を打ち明け、早速血液検査をする事になりました。
検査結果の告知方法は10日以内に病院から電話で連絡がなければ白、電話があれば黒です。
その10日間の長かったこと。
なんとも不思議な感覚で過ごした10日間でした。
自分が死ぬ病気に罹っているかもしれないという不安。
もし罹っていたら家族や友達になんて話せばいいんだろうという想い。
そしてパートナーに対して今後どう接していけばいいのだろうという事。
様々な想いが錯綜していました。

そして10日目に電話がなく1日を終えた時の晴れやかな気持ちといったらなかったです。

やっとホッとしたのもつかの間、別の友人から「エイズは3ヶ月程の潜伏期間があるので、その期間に検査をしても陽性反応はでないよ」というアドバイスでした。
また振り出しだ。。
また同様の病院に連絡をすると、確かにそうなのでもう一度検査を受けにきてくださいとのこと。
でも今は医療が進み、6週間を空けるとエイズが陽性かどうか判断できるとの事だったので、最期に性行為をした日を逆算して6週間を越えた日に再度血液検査build03

その際にドクターが「オーストラリア人の男性でエイズに罹っているのはたった2%です。だから安心して大丈夫だと思いますよ。」と言っていただいたので1回目よりもだいぶ気持ちを楽に検査結果を待つ事ができました。
10日間を越えて自分が性病にもエイズにも罹っていない事が確実になった時、私はきちんとパートナーと話そうと思いました。

ある夜、私はパートナーに「なんでコンドームをつけないの?」と質問してみました。
私が期待した最良の答えは【子どもを授かっても良いと思ってるからだよ。】でした。
でもパートナーは『今までのパートナーはピルをのんでたから。』と答えました。
私はその答えが返ってこない事をある程度予想していたので「でも私はのんでないよ。妊娠したらどうするの?」ともう一度聞きました。
パートナーは言葉を濁して話をはぐらかし『映画を見よう。』といいました。

私は自分の思う通りの話ができなかった事を反芻しながら映画を眺めていましたが、その後何事もなかったように性行為を始めようとしたパートナーに対して一つの興味が沸きました。
今日はどうするんだろう?
先程のやり取りをした後でまた付けずにするんだろうか??
私はそのやりとりによる彼の変化を期待したのでした。
そして結局は付けずに始めたパートナーに愕然とし「この人は私の事を何も考えてはくれていないんだ。」と痛感したのでした。

私の中で何かが終わった一瞬でした。
そして行為が終わった後寝入ったパートナーの部屋を出て泣きながら家に帰りました。

そして次の日の朝に『今朝いなかったからビックリしたよ~!いびきがひどすぎた?w』とテキストをしてきたパートナーに「いびきはかいてなかったよwただ一つ知りたいんだけど、あなたは私を愛していますか?あなたの将来に私はいますか??」と自分の中での最期の質問をしました。

するとパートナーは『私にとって愛はとても大きくて恐い言葉だよ。そして私は通常そこから逃げだしているんだ。私はあなたの事を大事に想っているから間違った解釈をして欲しいとは思わないけど、それと同時に私は愛が何であるのかがわからないんだ。私は未来はあなたが何を求めているか次第であると強く思うよ。私はいつもそれをゆっくりと受け止めているんだ。物事を起こるものとして受け取る。そしてそれらを起こるものとしてそれぞれの時間で受け取る。あなたが私の言いたい事を理解してくれる事を願うよ。ロマンチックな事は苦手分野なんだ。xoxo』と返信してくれました。
あまりにもそのパートナーらしい答えにちょっと笑ってしまった私は最期に自分の本音を告げました。

「これこそが私が欲しかった答えです。本音で話してくれてありがとう。私もです。私もまだ愛を理解しているとは思えません。愛は本当に難しい。でも私は自分の愛を見つけ、そして理解したいと思っています。あなたのスタイルはすきだけど、それが生涯変わらないのも知っています。だからあなたとのリレーションシップを諦めようと思います。私はあなたを愛していました。これは真実です。だからどうかあなたの身体を労わって健康でいてください。あなたは年なんですから!(←ここらへんは仕返しw)幸せな人生を歩んでください。美しい日々をありがとう。」

最期の行為で子どもを授かっても日本に帰って1人で育てていく覚悟でしたが、生理直前だったのでその確立も低く、結局別れを告げた次の日に生理がきた時は嬉しいよりも淋しい気持ちでした。
それ程彼の事を愛していたんだなと感じた瞬間でした。

私がこのお話で言いたい事は【相手の気持ちを勝手に自分の中で想像して解決せずに、きちんと話し合うべきだ】という事と【お互いの事を知らない状態で性行為をする場合はコンドームは付けるべきだ】という事です。

最初の内容はパートナーとのリレーションシップやフレンドシップ、全ての人間関係において精通するものであると思います。
人は人の気持ちを勝手に想像し、創造する事はできないからです。
自分の様々な経験を通して、人は人の気持ちを予測して行動するようになります。
それは自分を守る為だったり、時間を短縮する為だったり、傷つくのを恐れての行為だったりします。
でも結局は直接話してお互いを知り合う事が誤解をせずにお互いにとって良い答えを見つける一番の近道になるのだと私は思います。

二つ目の内容は、その時の盛り上がり、そして愛しているからとコンドームを付けないでした場合の様々なリスクや後々突き当たるであろう問題を回避する為のものです。
もしその時に「自分はできても良いと思った。」と思っていても、相手もそうである、そして自分も絶対に後悔しないという保障はありません。
実際にそこまで深く考えてお互いに行為に至っているケースは限りなく少ないからです。
授かった子どもに胸を張って言えるでしょうか?
あなたは私とパートナーが愛し合って授かったのよと。
そして人生を終える時に我が人生に悔いなしと言えるでしょうか??

これだけ愛した人と行なった行為によりAIDSに感染し、更に万が一子どもを授かっていたら、私は後悔しなかったでしょうか。
私はしていたと思います。
だからこそ伝えたい。
そしてお互いに責任をもって欲しいと思います。

私もまだまだ人生の旅の途中。
自分の様々な経験を通して分かりかけてきた部分もありますが、まだまだ真髄までは受け取れてないように思います。
でも最近様々な事が繋がり、たくさんの気付きがあったので前よりはもっとスムーズに自分に向き合えるようになりました。
それは今まで付きあってきたパートナーとの関係から生まれたものだと感じます。

もちろん傷ついたり泣いたり、奥歯を噛み締めて自分の中で悩みきったりもしましたが、そのどれもに後悔していないのは今の私があるからなのだと思います。
そして今までのパートナーに心から感謝しています。

最期に、今のパートナーとの関係で相手の気持ちを量りかねた上で性行為に及んでいて、更にコンドームを付けていない方は勇気を出してその事を話してみてください。
それで終わる関係はそれぐらいという事です。
ゆくゆく身体と心が傷つくのは自分なのですから。
自分だけならまだしも、子どもの人生までを巻き込みたくはないでしょう?

そして病気に罹っているかもしれないと思っているあなたへ。
オーストラリアでは永住権を持っていなくても無料で検査が受けられます。
もちろん日本でも保健所で受けられるはずです。
これも勇気を出して検査をしてください。
これはあなたの身体の事をきちんと知るのと同時に、将来のパートナーを守る事へも繋がるのです。
私は最初病院を訪れた時はあまりにも不安で、信頼の置ける友達と一緒に病院へ行きました。

ここでオーストラリアらしい小話を一つitem12
私が行った病院だけかもしれませんが、診察室にはなんとアメリカンコミックのようなコンドームマン(勝手に命名)なるキャラクターがいますfeel09
「自分の身を守るためにコンドームを使え!」的な事を叱咤激励してくれているわけですが、敵となる怪獣はそれぞれ性病AIDSと名前が付けられているという凝り様。
自分がAIDSかもしれない。。と不安を抱えている時はこれを見て笑える余裕はありませんでしたが、それをこういう風にしちゃうオーストラリアってやっぱりスゴイ(-∀-。)ソウオモエマセンカ?w

行く勇気がないと思っているそこのあなた。
そのヒーローに会いに行こうと思ったら少しは気分が軽くなりませんか?
決断を遅らせても身体と心が傷むだけです。
心と身体を大事にしてください。

このブログを読む全ての方々の心の平安と健康を願っています。

========================================
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************

「豪人」には地震災害支援の為のページが設立され、オーストラリアドルによる募金可能なサイトの紹介や、情報を得られるサイトのリンク集をご紹介しています。

少しの行動で救われる方々がいらっしゃいます。
祈るだけでなく行動を!

【東北地方太平洋沖地震に関する支援サイト】


下記のソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、上記のバナーとリンクが表示されます。


<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>


皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます!

******************************


同じカテゴリー(オーストラリアのお話)の記事画像
小梅の冷凍食品シリーズ☆~小籠包編~
オーストラリアNEWS特選☆
世界の人口の変動と日本の人口増加率
真夏のシドニーをサンタが駆け抜ける☆
日本LOVEのオージーライダースペシャルツアー開始☆
あっという間にできちゃうパンケーキ♪
同じカテゴリー(オーストラリアのお話)の記事
 小梅の冷凍食品シリーズ☆~小籠包編~ (2016-01-08 14:31)
 オーストラリアNEWS特選☆ (2015-12-21 09:03)
 世界の人口の変動と日本の人口増加率 (2015-12-13 13:52)
 真夏のシドニーをサンタが駆け抜ける☆ (2015-12-08 06:48)
 日本LOVEのオージーライダースペシャルツアー開始☆ (2015-10-16 07:13)
 あっという間にできちゃうパンケーキ♪ (2015-10-12 20:02)

この記事へのコメント
うわーー、超ヘビーな内容で、じっくり読みました。
私は、結婚するまで、かたくなにコンドーム付けてきました。
自分の人生で、やりたいこととプランが決まっていて、私はそれを変えたくなかったからです。
できたから、結婚しよう、だったら、
じゃ、できんかったら、その決意はないわけ?って感じが私はしちゃってたので・・・

で、今結婚して・・さー、赤ちゃんってとこですが、いつできるのやら・・・ちと焦っております。
Posted by Beauty Heaven at 2013年08月10日 09:54
>Beauty Heavenさん
やっぱりちとヘビーでしたか?w
自分がその最中の時はとにかく思い悩みました。
だからこそ知って欲しいと思ったのです。

病院を訪れた1回目はもちろんそんな余裕なかったのですが、2回目はなんと私、病院や入り口の写真を撮る余裕さえありましたからねw
その写真は誤って消去してしまったようなので、今回の掲載はイメージ写真だけになりましたけど。

きっとBeauty Heavenさんも私と同じ考えなんだと思います。
私は特に「そんなこんなでやりたい事できなくなっちゃったw」と言いたくない気持ちが強いのでそこは付き合っていく人に協力してもらいたいなと思っている部分です。

その気持ちも分かります。
子どもは欲しいと思った時にすぐに授かるものではないという事も、女性にはそのリミットがあるという事もわかってはいるのです。
この人の子どもがほしいと思った時に自分がそのタイミングであるかどうか、そして自分の年齢や体が妊娠を受け入れられるかどうかは奇跡と言える程の確率なのでしょうからね。
子どもを授かるという事、そしてそのタイミングで授からなかった事にも大きな意味があるのだと思います。
私はまだそれがいつになるのか、そして子どもを授かる事になるのかもわかりませんw
Posted by koumekoume at 2013年08月10日 16:55
こんにちわ。お久し振りです。今回の内容は赤裸々な経験を惜しげもなく書かれていて、その勇気に尊敬します:)
ところで日本で献血を受けて身の潔白を証明済みと書かれていますが、日本はHIVがみつかっても本人には知らせません。HIV検査目的の人が集まらないようにっていう考えらしいです。潜伏期間中に、もしかしてスクリーニング検査をすり抜けるかもしれないリスクを減らす為との事です。血液の健康状態(コレステロール値など)は知らせてくれますが。
ラリアはHIVや他の病気などがみつかれば知らせてくれます。

ただHIVは非常に弱いウィルスなので、健康な人がゴムなしでしたとしても感染する確率は1/100、つまり100回して一回の割合。でも妊娠と同じで、出来る時は1回でも出来る。
ただ他の性病に感性していたら(クラミジアやヘルペスなど)、HIV感染率は一気に上がります。
ちなみに、ラリアは知りませんが、日本ではクラミジア感染してる割合が6人に1人ぐらいらしいです。そしてだいたいの人が気づかない。そのまま放置し、勝手に治ったりする人もいます。しかしその場合、不妊に発展する事があります。クラミジアの足跡検査ってのもあります。
そして日本では仰っている通り、保健所で匿名で無料でHIV検査を受ける事ができます。
自分が若い時を振り返って、性や性病の教育は若い時にしっかりやっとくべきだと思います。じゃないと、感染してからでは遅いですもんね。
Posted by sera at 2013年08月11日 12:16
>seraさん
お久しぶりです!
医療のプロからの素晴らしいコメントありがとうございます!!

喉元過ぎればなんとやら。
自分の経験を赤裸々に語って人の役に立てるのならまったく問題ありませんw

そうなんですね!
知らなかった。。
血液の病気と肝炎系は知らせてくれると聞いていたのでHIVも含まれていると勝手に思っていました。。。
人に移さなくてよかった~!

それ程に低い確率なんですね。
私はかなり高い確率で移ると思っていました。
それでも性病に罹ると確率が上がる事や例え確率が低くても1回で罹る人は罹るという事は忘れてはならない事だと思います。

日本では初体験の年齢がドンドン下がっていると聞きます。
知識のない状態で行なうのは危険を伴なうと思うので、早い段階で教育する必要があると感じます。
大人になっても知らないことがこんなにたくさんあるのですから。
大っぴらに開かれるのを美徳としない日本の慣習はすきですが、それとこれとは話は別。
何が大切な事なのかを今一度考える必要があると思います。
Posted by koumekoume at 2013年08月11日 13:48
私もその昔HIVの検査を日本でしたことがあります。
なんか、保健所でするのってくらーい感じで、おまけに偽名でOKなのでこれまた悪いことをしているような何回やな気分で終わりました(笑)

旦那さんは仕事柄海外勤務になるときにHave toでしなければならないので、うちら夫婦が次にHIV検査で引っかかったらどちらかが何らかやらかした可能性大です(笑)

小梅さんの言う通り、あなたのせいでという子どもを身ごもるのは私も絶対嫌でした。
それに、子どもが欲しいと思う母性と、男性側の考え方は全く別で、どう頑張っても分かりきれないところもあると思います。

だからこそ、子どもが犠牲にならないように、大人はしっかりしなければならないんだと思います。

うちは男女の子どもがいるので、どちらも被害者にも加害者にもなりうると言うことを教え込みたいと思います。

一時の快楽や気分で、その後の人生が大きく狂うことになり得るので、こういう教育はしっかりするべきですからね!!
Posted by オージー2世 at 2013年08月15日 12:51
>オージー2世さん
日本でした事はないですがなんだか暗い感じは想像できますね。。

男性は初めての子どもの場合大きくなって足に「パパ!」と走りよって来るあたりからやっとこさ自分が父親なんだと気付くと話してもらった事があります。
女性はお腹に赤ちゃんが居る間にお母さんになる準備をするのでしょうが、男性はそれがないから分からないんでしょうね。

子どもへの性教育は必要だと思います!
多感な時期にするのは難しいと思うのですが、可能な範囲で少しずつしていくのが良いのでしょうね。
Posted by koumekoume at 2013年08月15日 23:50
わかる、わかるー。
男性って、その辺えらい慎重な人もいるけど、なーんにも考えてない人も多いよね。

私はとある治療目的でピルを飲んでいるから、めぐっぺの元パートナーの「相手がピルを飲んでいるから…」って発言にちょっとイラッ。副作用とかもあるんですけどー。ってか「ピル飲んでる?」なんて他の人にも聞いてないと思うが…。

私もエイズ検査一回受けたことあって、肝炎で入院した時、普通の人は幼少の頃にできるはずの抗体が私にはない。その抗体が壊れる原因があるとしたら一つ、エイズだって言われて、背筋凍ったなぁ。。

幸い陰性だったけど、めぐっぺと同じように怖かった。その間。

避妊って両者の責任よね。やりたいことがあるのも自分なんやし、そう思っている以上、自分の身は自分で守らんと…と思う。

でも一方で、すごく好きになった人と一瞬の刹那に流れてしまうのも、またオンナの性ですな。

↑何目線だ(笑)
Posted by みかりん at 2013年08月16日 02:05
>みかりん
おー、みかりん!
久しぶり♪

その時は頭よりも身体で動いてるからでしょ?w
そうなんだよね。
薬は副作用がある。
海外の人はピルと同様の効果があるチップを身体に埋め込んだりする人もいるんだよ。
でもそんなものが身体に良いわけがないんだ。
きっと聞いてないよw

あの気持ちはその危険性があるかもと思った人しか味わえないものだよね。
でも本当にいろいろな事を深く考えられたから今となっては良い時間だったと思うよ。
でもそう思えるのは陰性だったからだと思うんだ。

女性同士目線と一般論+自論ではないでしょうかw
Posted by koumekoume at 2013年08月16日 13:05
オージーと結婚したら移住出来るよ。
Posted by Russ at 2013年08月23日 00:05
>Russさん
同じような内容で2つコメントをいただいたのでこちらのみに返信させていただきますね。

周囲の人からもそれが一番早いとアドバイスを受けますよw
もし自分のパートナーがオーストラリア人で、その人が私の人生のパートナーであると確信が持てたのならその道を間違いなく選ぶと思います。
でもその道になんらかの迷いがある場合、私はそれがl後悔のない良い選択になり得るとは思えません。
だからできる限り自分で取得できる道を模索したいのです。まあ、のんびり構えてられる年でもないんですけどねw

人生何が起こるかわかりません。
でも後悔はしたくないのです。
Posted by koumekoume at 2013年08月23日 08:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
性病とコンドームのススメ
    コメント(10)