プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2013年06月26日

オーストラリアのペット事情☆

さてさて今回は私事ではございますが、皆様にお願いがありますfeel09

小学校4年生の時からペット業界で働く事を目指し、獣医としての夢、訓練士としての夢、ペットシッターとしての仕事を経て最終的にはペット雑誌社で5年4ヶ月もの間企画・営業として働く事ができましたicon21
大好きな業界で、私が本当にやりたい!という仕事を5年以上続ける事ができて本当に幸せでしたfeel01

オーストラリアに来たいと思った大きなきっかけの一つに、専門学校時代の特別講師として来ていただいたオーストラリアの訓練士さんに訓練を習いたいという理由があったんですよfeel09

たくさんの経験を経て、今は情報を使って人と人とを繋ぐビジネスをしたいと考えていますが、その中の一つに日本のペット業界全体が向上するような活動をしたいという気持ちもありますfeel12
世界で活躍するペット業界の人達を日本に連れて行ったり、世界と日本のペット業界を繋ぐパイプ役になったりしたいですねnature19
ペット業界で働く若い人達にもドンドン世界に出てもらって、その技術や日本では学べない知識を身につけてもらいたいですしねfeel14

話は反れてしまいましたが、その働いていたペット雑誌社【犬吉猫吉】から3号にわたってオーストラリアのペット事情について見開き2Pで特集を組んでほしいとのオファーが参りましたitem12


編集長は働いていた時代に本当にお世話になったんです(-∀-。)エェ、イロイロアリマシタ
その編集長の頼みとあらば、お受けしないはずがないっΣd(´∀`)ヤラセテイタダキマス!
しかも取材と称して私のすきな分野の人達に会える&話が聞けるなんてワクワクするじゃありませんかicon12
英語もまずまず話せるようになってきたので、準備をきちんとすれば取材もできますしねfeel01

そこでお願いしたいのは、オーストラリアのペット事情について面白い事知ってるよ!という人は情報をお寄せいただきたいのですitem12
例えば・・・。

☆オーストラリアペットショップ事情build04
☆オーストラリアペットお洒落事情(ファッション&トリミングetc)item90
☆オーストラリアのペットお食事事情icon28
☆オーストラリアのペット医療事情(ペット保険etc)build03
☆看板犬&面白芸のできるわんこ紹介animal04
☆オーストラリアのペットライフ
(オーストラリアらしいペットとの暮らし方について取材)item12
☆オーストラリアで流行っているペットに関する情報feel09
☆オーストラリアと日本のペットに関する常識の違い
feel12


などなど、こんな人&ペットを知ってますよ!こんな事紹介したみたらどうですか?なんかの情報を気軽にドシドシとお寄せいただきたいのですfeel09

今週は学校の課題に追われ、7月7日にシドニーへ発つので構成を考えた上でケアンズで取材に行く時間はあまり取れないと思うのですが、可能な限り直接お会いしたいという方、行きたいと思う場所には足を運びたいと思いますfeel17
あとはインターネットでのリサーチや、シドニーでの取材が中心になってくるはずですbusiness03

今回の事をきっかけに、少しずつオーストラリアのペット事情についてのブログを書けたら楽しいなとも思っていますfeel01

オーストラリア独自の犬種紹介なんてのもいいですねfeel09
そういえばオーストラリアンラブラドゥードルの日本への仲介を引き受けている方とお知り合いになったなicon12

その名の通りラブラドール・レトリーバーとプードルを組み合わせて生まれた犬種なのですが、その後能力やカラーバリエーションを増やす為にアイリッシュ・ウォーター・スパニエル、カーリー・コーテッド・レトリーバー、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエル等が取り入れられたそうなんですfeel12
単純に2犬種だけの組み合わせで認められている犬種じゃないんですね~(゜д゜)シラナカッタ!
コートカラーもこんなにいろいろあるんですねfeel12



大好きな業界の取材、楽しみですicon21ヤルゾー!
皆様のご協力、お待ちしております_<(_ _)>_ヨロシクオネガイイタシマス!

========================================
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************

「豪人」には地震災害支援の為のページが設立され、オーストラリアドルによる募金可能なサイトの紹介や、情報を得られるサイトのリンク集をご紹介しています。

少しの行動で救われる方々がいらっしゃいます。
祈るだけでなく行動を!

【東北地方太平洋沖地震に関する支援サイト】


下記のソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、上記のバナーとリンクが表示されます。


<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>


皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます!

******************************


同じカテゴリー(オーストラリアのペット事情)の記事画像
marumaru PET SERVICES☆
国会議事堂でランチ☆
脅威のクイックレスポンス☆
PETBARNとCat Vet☆
同じカテゴリー(オーストラリアのペット事情)の記事
 marumaru PET SERVICES☆ (2013-11-08 06:09)
 国会議事堂でランチ☆ (2013-10-30 07:23)
 脅威のクイックレスポンス☆ (2013-10-14 08:41)
 PETBARNとCat Vet☆ (2013-07-25 14:29)

この記事へのコメント
私の例のCairnsに住む友人はペット大好きでずっと犬を飼っていて今は小鳥を飼っているので、何か知っているか聞いてみましょうか?
彼女は元々日本人なので、英語の勉強にはならないかもしれませんが、英語では伝わらない細かいところの話も聞けるかもしれません。
Posted by オージー2世 at 2013年06月26日 07:01
>オージー2世さん
ご迷惑でなければ是非ともお願い致します!
ペット業界とは長い間離れていたので最近のお話を伺いたいのですw

何か良い情報があればご連絡いただけると助かります♪
Posted by koumekoume at 2013年06月26日 08:28
ケアンズ空港すぐ近くにペットを預かってくれる(犬が多い)施設があります。長期旅行でペットの世話ができない時に利用する人が多いのでは。施設名忘れてしまいましたが。
Posted by kazuki at 2013年06月26日 09:38
うちは犬と馬と山羊と住んでいたよ。朝から馬や山羊が甘えて来て、即泥だらけになってた(o^^o)。
最近は犬にチップを埋め込んでるみたいだけど、犬の住民票が面倒だったなぁ。一家に2匹までの制限も面白いよね。
生態系への影響が考えられてるよ。
Posted by K at 2013年06月26日 15:50
>kazukiさん
情報ありがとうございます!
詳しく調べてみますね♪

>Kさん
それは賑やかですね!w
私も将来自分の馬を飼いたいです♪

私が居る頃ですが、日本もチップを埋める方向で話は進んでいましたが、やはりかわいそうだという意見に後押しされて実現できるかどうかという状態でしたね。
その点海外の方々は様々な事を加味した上でチップを埋める事を認めているように感じます。
一家に2匹までの制限があったんですね!
それは知らなかった!!

ますます調べるのが楽しみになってきましたw
情報ありがとうございます☆
Posted by koumekoume at 2013年06月26日 16:11
オーストラリアで大きな動物保護団体がケアンズ空港の近くにRSPCA
スミスフィールドの近くにYAPSがありますよ。
犬や猫の生態販売を行っていないので、オーストラリアのペットショップには犬や猫はいません。(日本も一日も早くそうなる事希望です。)
PET CAFE とうケアンズノース近辺のAnderson St,のPETSHOPがあります。店員さんがとても親切な方ばっかでイロイロおしえてくれるのでお勧めです。

よくウールワースやコールスの入り口近辺にYAPS、RSPCA、の動物のご飯やお金をを寄付するための大きな箱がありますよ。


あと、お勧めのドギーパークのGoomboora Parkがあります。CITYから車で10分くらいかな。真ん中に大きな広場があって、それを囲む感じで周辺は木と川が流れてます。
川は浅いので泳げますよ♪
広場以外はあまり人の手が加わっていないので大きな木草が生え放題でとても大自然な感じで癒されますよ。
夕方5時ごろたくさんワンちゃんが飼い主さんと現れるので見れると思いますよ。

オーストラリアはとても動物を大切にする環境です。

新聞で犬に噛まれた人達の記事を見ると、
噛んだのは犬が悪いんじゃなく、
躾やそういう環境にした人の責任と、
かならず訴えています。
そして子供なら恐怖症にならないように
ちゃんとその後のケアをしてます。
(人にもよりますが)

小梅さんの魂のこもって記事が大好きです。
Posted by 牧 at 2013年06月27日 09:15
>牧さん
たくさんの情報をお寄せいただき本当にありがとうございます!

動物保護団体は以前からず~っと行きたかったんです!
学生時代に大阪にある2つの里親団体にボランティアで活動に参加した事があるのですが、その際には日本での里親活動の大変さを痛感しました。
シェルター制度が世界一確立しているイギリスに見学に行きたいと思っていますが、オーストラリアの動物保護団体もかなり興味津々です♪

私もその募金箱を見つけて写真を撮った事がありますw
ドネイション大国のオーストラリアならではですから、それも抑えておかないとですね!

実際にわんこと生活している人達にもお話を聞いてみたいので一度その公園にも足を運んでみたいです♪
取材に乗じてわんこ欲を満たしたいという本音もありますw

オーストラリアで飼われているわんこはのびのびと過ごしていて顔が優しい子が多いんです。
心にゆとりがあるんでしょうね。

事故が起こった理由と原因をきちんと伝えるというのは素晴らしいですね。
噛むまでの経緯や、なぜ噛む犬に育ってしまったのかという事を紹介する事で、それ以後の飼い主さん達の行動が変わってくるのだと思います。

犬がきらいという人は、小さい頃に噛まれたり追いかけられたりしている方が多いですからね。
そのケアをするというのも、動物と共生できる環境や人を育てる上でとても大切な活動だと思います。
その辺りに日本と海外の動物との接し方に違いがありそうな気がします。

そう言っていただけて本当に嬉しいです♪
私はケアンズが、そしてオーストラリアが大好きです。
この国に足を運ぶ事によって日本に住む人達が元気になれたり、新しい気付きがあると思うんです。
だから私の情報が日本に住む人達や、すでにこの国に住んでいる人達に少しでも役に立てばいいなと思って書いています。
私がこの国で得たことの全てを残していきたいのです。

こうやって嬉しいご感想をいただけると書いていて本当によかったと思います。
メッセージをお送りいただきありがとうございました!
Posted by koumekoume at 2013年06月27日 18:41
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オーストラリアのペット事情☆
    コメント(7)