プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2013年05月21日

いつもと違う森

Millaa Millaa Falls(ミラミラフォールズ)を出てから次の目的地であるCurtain Fig Tree(カーテンフィグツリー)へ向かいますbusiness08feel17

空に広がった黒い雲icon02
降ったり止んだりする雨icon03
日の入り直前の薄暗くなった時間帯にカーテンフィグツリーの駐車場に到着しましたfeel09
私はカーテンフィグツリーよりも、カセドラルフィグツリーの方がすきなんですfeel12
でもカーテンフィグツリーは有名ですし、通り道だから基本的にはツアーのコースには組み込んでいたんですよ。
大きな樹でインパクトもありますし、私の中でそれぐらいの樹でした。
でその日のカーテンフィグツリーは違った。

(Photo by あいさん)


先を歩いてあいさんを案内していた私は、そのあまりの違いにビックリ。
薄暗くなっていく森の中で、その樹だけが浮き上がるように輝いていました。

樹から出る良い気の量が、いつもと格段に違う。
思わず両手を広げて、それを浴びたいと思う程に。

(Photo by あいさん)

樹はとても艶っぽく、そして優しかった。
そうか。この樹はこの時間帯が良いのか。
良い発見だなfeel01

あいさん、今日のカーテンフィグツリーはすごいですよ!いつもとまったく違います♪」と声をかけると、あいさんもとにかくこの樹の迫力に魅せられた様で、この樹の素晴らしい気を頭からシャワーの様に浴びたそうですnature03

良い時のカーテンフィグツリーを見せられてよかった。
そう思ってその場を後にし、私の大好きな聖堂の樹へと向かったのでしたbusiness08feel17

日が沈んでしまって、辺りは既に暗くなり始めていました。
初めて反対周りで、早く着かないというあせりもあり、聖堂の樹への入り口を2度も間違えて行ったり来たりfeel17
おかしいな?
いつもはこんなに道を間違えたりしないのに。

やっとの事で駐車場に着いて車を降りた時には、辺りはすっかり暗くなっていました。
でも聖堂の樹を初めて見たのはMungalli Falls(マンガリーフォールズ)で働いていた時のナイトツアーの時で、夜の森に入って聖堂の樹を見るのはすっかり慣れていた私は予め懐中電灯を用意していましたfeel09

車を降りた私達は不思議な音に気が付きます。
金属音の様な耳につくキーンという様な不快な音に。
空間が振動するような、そんな共鳴音の様な音。
あいさんが不安そうに「小梅さん、この音なんですか?」と聞くので私は「夕方の時間帯に一定時間続けて鳴く蝉がいるんです。でもそれとはちょっと違うような。。」とあいまいに答えました。
絶対に違うとわかっていたのですが、あいさんを不安にさせてはいけないと思ったからです。

夜目の効く私は一旦懐中電灯をつけたもののすぐに消してそのまま聖堂の樹に向かって歩きました。
いつもは森に入ると2,3度温度が下がって気持ちの良い気に包まれるのに、その日は何かが集まってきているような、森が私たちを拒否するような、そんな感覚に襲われました。
変だな。
懐中電灯を点けるのはやめよう。
早く聖堂の樹に会おう。
そうすればきっと落ち着く。

聖堂の樹に着き樹を見上げても不安はまったく消えませんでした。
私はやっとの事であいさんに「写真暗くて撮れませんよね?」と声をかけました。
「ちょっと撮れるように頑張ってみます。」というあいさんを残して私はいつも聖堂の樹の根っこに抱きついて樹と対話する聖堂部分へ先に行っていつも通りに樹に抱きつきました。
いつもは気分がとっても落ち着くのに、その日は抱きついた瞬間に物凄い勢いで心臓がドクドクと音を立てました。
思わず「ここにいちゃいけないの?」と声をかけてしまう程不安は更に募っていきました。

あいさんの事が心配になった私はあいさんを呼びに行き、樹と対話したいと言っていたので聖堂まで案内して「私はいつもここで樹と対話しているんです。」とやってみせました。
違う。
いつもと違う。
思わずポツリと「いつもと違う。。」とつぶやいた私を見たあいさんは「もう行こっか。」と一言。
そうか。あいさんも感じてるんだ。
「そうしましょう。」と一言答え、頭はこの森を早く出たいという思いでいっぱいになりました。

森から人の声がする。
ツアーの人かな?
でも雰囲気が悪い。

帰り道でツアーのお客さん数人とすれ違った時、ホッとはせずに逆に恐くて、こっちから挨拶をしてその不安を紛らわせました。
森からはいつも居るブッシュターキーが歩く音ではない何かの音がそこかしこから聞こえてきます。
車を降りた時から鳴っているあの音も鳴り続けてる。。

お互いに一言も発さずに車に乗り込み、カーブが鬼のように続くギリーズレンジの運転に集中し出したのもありますが、後を引く森の余韻に緊張していた私にあいさんが聴いているユニコーンの曲について普通のトーンで話しかけてくれた時にやっとその緊張感が解けました。

今日の聖堂の樹の森はなんだったんだろう?
しっかりしなきゃ。
まだツアーは終わってない。
私は最後の目的地のルックアウトに向けて車を走らせましたbusiness08feel17

========================================
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************

「豪人」には地震災害支援の為のページが設立され、オーストラリアドルによる募金可能なサイトの紹介や、情報を得られるサイトのリンク集をご紹介しています。

少しの行動で救われる方々がいらっしゃいます。
祈るだけでなく行動を!

【東北地方太平洋沖地震に関する支援サイト】


下記のソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、上記のバナーとリンクが表示されます。


<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>


皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます!

******************************


アサートン高原欲張りドライブツアー反対周り全行程☆
ドライブのフィナーレ
TolgaとMillaa Millaa Falls☆
Skyburyでティータイム♪
Kuranda散策とバロンの滝とヘンリーロスルックアウト☆
小梅のアサートン高原欲張りドライブツアー反対周り序章
 アサートン高原欲張りドライブツアー反対周り全行程☆ (2013-05-24 13:00)
 ドライブのフィナーレ (2013-05-23 15:10)
 TolgaとMillaa Millaa Falls☆ (2013-05-20 10:45)
 Skyburyでティータイム♪ (2013-05-18 10:43)
 Kuranda散策とバロンの滝とヘンリーロスルックアウト☆ (2013-05-17 01:00)
 小梅のアサートン高原欲張りドライブツアー反対周り序章 (2013-05-16 08:30)

この記事へのコメント
そういう感覚って大事だと思います。
なんか感じるいつもと違う気。
それはちゃんと意味があるのだと思います。
それを強く感じる人もいれば、ほとんど感じない人もいる。
私はどちらかというとかなり感じる方なので、その感性を大切に、逆らわずに生活しています。
きっと小梅さんも強く感じるタイプの人なのかもしれませんね。

その感性は、年齢を重ねると共に、強い運気に変わってくる気がしますよ!
Posted by オージー2世 at 2013年05月21日 13:18
私には特別な力はないのですが、根が単純なのでエネルギーの強い人の近くにいるとそういう力を受け取るのがスムーズなようです。
オージー2世さんもそうなんですね!
私もそういう流れに逆らわず、その恩恵や気付きを自然に受けられるようになりたいなとは思います。

最近スピリチュアル系の方によくお会いしたり、話がでたりするので、今はそういう時期なのでしょうw
Posted by koumekoume at 2013年05月21日 15:20
本当に不思議だったよね。

あれは今思うと、フィグの精霊に助けられたんだと思う。あの日の森がおかしかったんだと思う。本当になにもなくてよかったよね!
Posted by あいシドニー at 2013年05月23日 16:17
>あいさん
本当ですね。
私も樹に守ってもらったんだなと思います。
確かにあの日の森はおかしかった。
でも樹に守ってもらったという事実だけが本当に嬉しいです♪
Posted by koumekoume at 2013年05月24日 13:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
いつもと違う森
    コメント(4)