プロフィール
koume
koume
4人兄弟の3番目。家族の理解を受け自由にやりたいことをやらせてもらってます♪シドニーでの生活を終えてホームタウンのケアンズに帰ってきました!これからは人と人とを繋げる活動を行ないながらパートナーと共に永住権取得を目指します!人生は一度きり。Life is beautiful!Let's enjoy♪
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2013年05月08日

恥ずかしい気付きとスタートライン

4月のスクールホリデー期間中にたくさんの方々とお会いしました。
皆さん、それぞれの道で想いを胸に様々な事に挑戦しており、それに刺激を受けたり、自分の想いを伝えたり、これから一緒に何かしましょう!という話になったりと有意義な時間が過ごせました。

でもその一方で、自分がまだまだであるという事を気付かされ、課題もたくさん見えてきました。
更に様々なきっかけが重なり、【自分と向き合う事】について深く考えることになりました。

私は以前より『オーストラリアで永住権を取り、自分のビジネスを立ち上げたい』と人に話していました。
人が大好きなので情報を使って人と人とを繋ぐという事を軸に、今までの人生で経験した全ての事を自分のビジネスに落とし込みたいと考えていますが、やりたい事が多すぎて「何がしたいの?」と聞かれた時にこういう事がしたい!とは言えるのですが「どうやって稼ぐの?」と聞かれるとハッキリ答えられません。
私は文字通り、夢だけをみていたからです。
よくもまあ、そんな事を軽く口にできていたかと今では思います。

姉によく『賢いフリをすんな』と言われていました。

私はよくわかったフリをするからです。
覚えているのが、私が確か中学生の時に姉に数学を教えてもらっていた時の事。
姉は私に公式の説明をしてくれていました。
私はよく分かっていなかったのですが「うん、うん」と分かったフリをして最後に姉に『わかった?』と聞かれた時に「うん?」となって姉を怒らせたのです。
私は今までの人生で、これと同じような事をずっと繰り返してきました。

様々な興味のある分野に挑戦し、柔軟でアクティブなタイプなので新しい事を始めてもある程度すぐにできるようになり、ある程度人よりも少し良くできてしまっていた私は、正に【器用貧乏】になってしまいました。
興味のある分野、そしてやってできる事にしか挑戦していなかったのだと気付きました。
姉の言っていた事の本質を理解していなかったので、とてもうすっぺらな人間になってしまっていたのです。
誰にでもできる事を人より少しうまくできていたとしても、それが何だっていうんでしょうか。
私はOnly oneの分野で大成したいのに。

ビジネスを始める前に気付けてよかった。
始めていたらこんな恥ずかしい気付きをした後に人に話せなかったはず。
ビジネスの道で看板を背負ってしている人は孤独で簡単には人に助けてもらえない。
私がまだ人に助けてもらえるのは、私には何もないからだ。

日本でペット雑誌の営業として働いていた時に、たくさんのその道の代表である方々と仕事を一緒にさせていただき、代表になる事の大変さをかなり目の当たりにしてきて、勉強させてもらえる時期に代表になるのは損だなと考えていました。
簡単に人からアドバイスをもらえず、何をするのにもギブ&テイクでなければ大した事をしてもらえないからです。
してもらう事ばかりを考えていた私にとって、それはとても非効率的に見えました。

私は2番手でいる事が性にあってる。
志を同じくした人の下で、その人やその会社を最大限に支えながらフレキシブルに動くポジションの方が自分らしくいられる。
その方が自分を楽に成長させられる。
人から学んだ事や受け取った物を自分に応用して実践し、それが身につけばもっとずっと効率的に成長できると考えました。

そんな気持ちで受け取る事ばかりを考えていた私を可愛がってくれた人はいました。
私にはあまり損得勘定がなく、すきだと思う人にできる限りの事をしたい!という気持ちが強かったからです。
でもそれこそ今思えばかなりの上っ面。
意識がかなり低かったのだと思います。

対等でいたつもりになっていた私が受け取ったものなんてきっとほんの触りです。
もちろん本気で私の事を考えてアドバイスをしてくれる人はいました。
でもそれを本質まで理解していたかというとそうではないと思います。
もっと深くまで考えて受け取って、自分の会社にも、その人に対してもできる事をもっとしっかり考えるべきだった。
私に足りなかったのは、もっと深く追求して一つ一つの物事の本質に気付く事。

これに気付くまでになんと31年と9ヶ月を費やしてしまいました。
とても恥ずかしい事です。
でもやっと気付けた。
35歳までに自分のやりたい事をビジネスとして形にしたいと口に出して伝えています。
まだ3年ある。
いや、もう3年しかない。
これからの3年が勝負。

私にとってはかなり恥ずかしい気付き。
できるようなフリをして生きてきた私が学び身につけた事は無駄ではありませんが本番で使えるレベルに達しているものはまだまだ少ないはず。
今まで学んだ事を復習して反芻し、これから本気で何をしたいか、何ができるのかを見極めなければ。
私にはこれだけは負けないと胸を張って言える分野がまだない。

これからがスタートで、今正にやっと人生のスタートラインに立てたんだなと考えていた時に、ふと頭に浮かんだ『3年B組金八先生』の主題歌である「スタートライン」という歌。
気になったので歌詞を調べて読んでみました。
同郷の武田鉄也さんが作詞した歌詞を読むと、今まで私がやっていた事、そして今私がやらないといけない事、そして私が進む道の事が書いてありました。
明るい所ばかりを見て、暗い事から目を背けていた。
忙しさを言い訳にして自分と向き合わず、気付きたくない自分に蓋をして生きてきた。

でもやっとスタートラインに立てました。

5月になり、自分の誕生日まで3ヶ月をきりました。
8月で32歳になる私。

これまでの私に飽きもせず付き合っていただいて、親身にアドバイスを与えてくれた方々に感謝し、自分が受けた恩を返していけるような成長をしたい。

最近、自分と向き合う為に1人の時間を大事にしています。
まだきちんと上手く向き合える方法が理解できていないので探り探りではありますが、それでも出てくる答えはたくさんあります。
自分の人生のこと、家族や友達のこと、仕事のこと、今まで付き合ってきた人とのこと、様々な場所で出会ってきた人達のこと。
それらを想い深く追求していく時間。
向き合ってなかった部分と向き合うのは、痛みを伴なう事も多々あります。
でも必要であると感じます。

1人の時間って本当に大事なんだな。
きっとこんな時間をもてない人がたくさん居る中で、私は一人で居られる時間がもてるという事は贅沢で幸せな事なんだなと最近見つけたお気に入りの場所で反芻していると、仲の良さそうなおじいちゃんとおばあちゃんがお散歩していました。

なんだかほっこりこころが暖かくなりました。
立派な樹に抱かれながら風に枝や葉がそよぐ音を聴いて過ごす時間。
自分と向き合う時間。

さあ、進もう。

========================================
「My only one life ~ケアンズ編~」ではワーホリ時代に集めたケアンズのレストラン情報や遊び方、ツアー情報等も盛りだくさんです!
「My only one life PartⅡ」ではケアンズの日常やワーホリ後のアジア周遊の模様、日本に帰ってからの仲居さん生活など幅広くご紹介しています♪
*******************************

「豪人」には地震災害支援の為のページが設立され、オーストラリアドルによる募金可能なサイトの紹介や、情報を得られるサイトのリンク集をご紹介しています。

少しの行動で救われる方々がいらっしゃいます。
祈るだけでなく行動を!

【東北地方太平洋沖地震に関する支援サイト】


下記のソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、上記のバナーとリンクが表示されます。


<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>


皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます!

******************************


同じカテゴリー(自分のお話)の記事画像
ブログお引越しのご案内とD男とのこと☆
ドラゴンの入れ墨を入れる夢☆
東京生活開始日決定☆
マル秘咳止め術&イベントのご案内☆
東京から福岡到着後の数日☆
弟分Yoshiとの再会☆
同じカテゴリー(自分のお話)の記事
 ブログお引越しのご案内とD男とのこと☆ (2016-03-01 12:47)
 ドラゴンの入れ墨を入れる夢☆ (2016-02-29 01:42)
 東京生活開始日決定☆ (2016-02-26 13:22)
 マル秘咳止め術&イベントのご案内☆ (2016-02-25 12:02)
 東京から福岡到着後の数日☆ (2016-02-16 12:57)
 弟分Yoshiとの再会☆ (2016-02-12 08:15)

この記事へのコメント
いろいろな気づきがあったようですね。
実りある出会いだし時間だったと思います。

私が永住権をとりたいと頑張っていた頃、周りに言われた言葉とまさに同じです。
何がしたいだけではなく、それがどう繋がってAusに利益をもたらすのか。

夢を見ているだけでは何も出来ない。
でも夢を見ないと目標に出来ない。

難しい狭間ですが、正直小梅さんの年は(永住権取得には)若くないので、これからの時間をものすごく濃く頑張ってください。

確かにいくつになってからでも頑張れる人は頑張って形に出来る夢がありますが、それは松井やイチローがメジャーリーガーとして成功したような例と同様なくらい凄いことだと思います。

現実に目を向けると数え切れないくらいの人が、同じように頑張り、同じように夢を掴もうとしていて挫折せざるを得ない状況で夢を諦めていったんだと思います。

現に私を含め、私と同じように同じ時期に頑張っていた知り合いが同じように日本で別の人生を歩んでいます。
それも一人二人ではなく。

USAのGreenCardのように抽選だとよいですが、そうも行かないAusのPermanentResidence。
USAでGreenをとって、SkillとWorkExperienceを身につけてからAusへ行こうと頑張っていた人もいました。

いろいろと方法はあるものですね。

Cairnsに長居すると、なかなかBussinessの深いところを学べない部分もあるので、たまに大都市で刺激を受けてきて下さいね!

以前日本の番組「アナザースカイ」でシドニー出身の女優”忽那汐里”さんがシドニーへ里帰りというのをやっていた中で、忽那さんのお母さんがホームステイをしていたホストマザーの家を訪れたとき(忽那さんも幼少時代からよくお世話になっていた様です)、「あなたのお母さんは初めてAusに来て、その後本当に一生懸命頑張って、永住権をとり、この地で結婚し、あなたが産まれたのよ」と言った「本当に一生懸命に頑張って」の部分で涙が溢れました。
理由は、その「頑張った」が足りなくて永住権がとれなかった自分が、どうしてもっと頑張らなかったんだろうという思いや、その頑張ると言うことの重みを痛いほど分かっていたからです。
そのことをFBでUPしたときに、同じだったとコメントを残して下さった方がいて、何か救われる思いがしました。

私は今幸せで、今までの人生に後悔はないですが、やり残したことと言えば永住権の取得。

でも、形を変えて必ずやAusでまた暮らすつもりです。

私みたいに忘れ物をしないように、仮に忘れ物になったとしても後で後悔しないように、そして万が一置いてこなければならない夢になったとしても大丈夫なように、これからの時間を過ごして下さいね。

長くなりましたが、老婆心のエールです。
Posted by オージー2世 at 2013年05月08日 08:38
>オージー2世さん
今は物事が動き出す前の、嵐の前の静けさのような時間を過ごしています。
物事が動き始めると、その流れの中で自分の時間を持つ事は難しくなるはずです。だからこそ、今という時間を大事にしたいと思います。

それは真実ですね。
そうであると思います。
残された時間を精一杯有効に使いたいです。

もし私が永住権を取得できずにオーストラリアでない場所に住む事になったとしても、それはそれで深い意味がある事だと思います。
その意味をきちんと理解しながら創造していける人生にしたいです。

もちろん、やれるだけの事はやった!と胸を張って言えるところまでやる事こそ、今後の人生に繋がる事であると思います。

オージー2世さんのような本気でオーストラリアを愛している方からのアドバイスは本当にありがたいです。
いつも心のこもったコメントをしていただき本当にありがとうございます。
Posted by koumekoume at 2013年05月09日 01:25
メグさんお久しぶりです。
ジョン家にいた、あきよです。
読んで共感しました。
私の場合は仕事とかまだまだですけど、
最近mixi使わなくなったんで、退会しようと思ってます。
時間あったらフェイスブックに連絡くれたら、嬉しいです。( ´ ▽ ` )ノ
Posted by ごとう あきよ at 2013年05月09日 17:59
>あきよちゃん
久しぶり~!
コメントありがとう♪
とっても嬉しいよ。
メール送るから返事待ってるね~!
Posted by koumekoume at 2013年05月09日 19:43
アメリカでも永住権取得したいってがんばっている人がいっぱいいるよー。
やっぱりビザ問題で帰国を余儀なくされている人が多いのが現状。
グリーンカードの抽選は毎年1%の確率だから当たるはずもないし、
今年は就労ビザすら抽選通った人だけが受理される状況で、
どんなにアメリカにいたくても結果的にどうしようもないことも。

学生やりたくても、お金がなかったりキャリアとの狭間で悩んだりね。

私の周りには「永住権を取ること」が目標になっている人も多いけど
めぐっぺは、その先やりたいことまで明確になっている時点で偉いと思うな。

でも私もよく昔上司に言われてたな、「お金」に関する意識が弱いって(笑)
少しの間働けないからアカウンティングの講座とか通おうと思ってるよ♪

ビジネスって儲けだし、異国なら尚更、それがどう社会や国に利益をもたらすか。
まずは気付くことが第一歩だから、そういう意味では大きなものを得たね!

頑張れ、めぐっぺ〜!
Posted by みかりん at 2013年05月14日 06:19
>みかりん
アメリカもビザの取得は難しいっていうもんね。
どの国も難しくなってきているんだろうか。

それは本当にあるね。
そのバランスは、自分の中で折り合いをつけながら人生設計をしていかないといけないと思うよ。

地域・社会、はたまた相互の国レベルで良い効果がもたらせられるようになりたい。
お金の事もそうだけど、いろいろな視点から見ても今の私ではまだまだそのレベルではないよ。
でもそうなる為に今は自分の身の丈と、成長、そしてこれからのビジョンと向き合いながら動いていきたいと思ってるよ。

みかりん、ありがとう。
頑張るよ♪
Posted by koumekoume at 2013年05月14日 17:47
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
恥ずかしい気付きとスタートライン
    コメント(6)